海外旅行での注意

海外旅行での注意

日本人が気づかない注意点

海外旅行で滞在期間が長くなると、アジア圏の人種をみて日本人なのか、的確に見分けられるようになります。
やはり中国人と韓国人は、見た目だけなら日本人と紛らわしいでしょう!
それが次第に見分けられるようになり、だいたい日本人は愛嬌があり、表情や反応に温厚な雰囲気が伝わります。
なんとなく違いが読み取れるようになるのは近い民族同士なので、その差が分かると考えられますよね。
しかし海外で観光地に暮らすと、外国人からしても注意深く観察せずに、日本人は見分けがつきやすいらしいのです。
なぜ日本人だと分かりやすいのか、外国人から聞いて納得する意見でしたよ!
まず日本人は洗練される印象というのは喜ばしいことですが、同時にだいたい新品を身に着けているのが日本人だと。
確かに海外旅行で日本人とすぐ分かる人は、頭からつま先まで旅行用に買いそろえたのが一目瞭然です。
こざっぱりして清潔感があるので好印象を与えますが、やはり日本人は経済的に豊かであることを意識させてしまうのは注意点ですよ!
きっとニューヨークやパリ、ミラノなどファッションが最先端となる街並みなら、その選択は大きな間違いではないでしょう。
しかし渡航先によって、いかにも日本人ということで狙われやすく、海外旅行では注意しましょうね!

 

日本から用意したいもの

もし海外旅行中に現地調達をするなら注意したいのは、常備薬など薬品ですね。
もともと頭痛や腹痛など心配な症状があれば、現地調達をしないと間に合わないくらい長期滞在なら、日本で下調べをしてください。
どの種類が自分の体質に最適なのかを薬品名までしっかり把握していかないと、体調に問題があった場合に正確に伝えられるのか不安でしょうから。
また海外旅行先の薬局で出されても、説明を解読できる語学力がないと心配になりますよね!
それに日本は薬事法が厳しいので、海外で市販される薬品に配合される成分は体質に適用するのか、その部分も不安要素に考えられます。

 

注意したい生活文化

日本の生活文化との違いとして、まず思いつくとしたら海外旅行ではチップが必要になる場面が多いでしょうね!
ただチップについて旅行情報により様々に伝えられるので、もっと日本人は注意すべき点があります。
それは建物の出入りに、後方に人がいればドアを支えること!
これは日本で習慣化されてないことで、これからオリンピックを控えるには改善すべきと問題視され、日本の生活文化における代表的な注意点といわれますから。