海外旅行でのトラブル

海外旅行でのトラブル

日本の安全神話は崩壊したと訴えられますが、それでも海外旅行のトラブルに比較しても発生率は少ないでしょう。
現在でも日本は深夜に女性の1人歩きができるので、海外旅行のトラブルを知ってしまうとまだまだ安全です。
しかし日本人が危機管理能力に欠ける原因にもなりがちですから、海外旅行トラブルの前例を参考にしましょう!

 

ありがちな海外旅行トラブル

海外旅行トラブルの代表例とは、タクシーの料金について高い料金を請求されること。
また同じような場所で乗降するのに、いつもタクシー料金が違うので相場が分からないくらい、アバウトな海外旅行先はありますね。
さらに執拗な物売りやスリなど、治安の悪い海外旅行先ではトラブルが多発します。
ただヨーロッパで見かけるジプシーは評判ほど性質が悪そうではなく、ジプシーもお国柄によって違いのかもしれませんけどね!
ジプシーは見た目にジプシーと判断しやすいので、そこまで悪質な印象は受けません。
むしろ一般に紛れられる方が、旅行者は怖いかもしれませんよ。
その証拠に海外旅行の観光客が狙われやすいトラブルとして有名なのは、わざとケチャップやアイスクリームを付けて、気をそらされ荷物や財布の盗難に遭います。
もしジプシーが近付いてくれば、それだけで旅行者であれば警戒してしまいますからね!
ジプシー相手ならトラブルについて、むしろ未然に防げる可能性が高いと考えられますよ。
それより観光地で話しかけてくるような一般の地元民らしき人の方が、よっぽど怪しいと思ってくださいね。

 

狙われやすい日本人

海外旅行のトラブルに巻き込まれたら、せっかくの旅行が台無しになってしまいますよ!
それなのに日本人は狙われやすい傾向が強く、まずお金をもっているイメージが世界的に根強いですから。
さらにダマしやすいとみられているので、なんと機内で海外CAにより盗難被害があったほど!
その際も日本人は現金を持参するのに警戒心が薄く、狙うには理想的という考えからだそうです。
他にもニセ警官に狙われた海外旅行のトラブルがあり、日本人には本物か見分けがつかないのは当然になりますからね。
いかにも観光客という服装は海外旅行トラブルの回避法として、控えるようにアドバイスがありますよね。
どうしても海外旅行に新品を身に着けたがるのが日本人の特徴とみられ、外国人からすれば日本人は一目瞭然で分かりやすいそうですよ!
だからホテルのセキュリティーボックスまで日本人は狙われやすいので、くれぐれも海外旅行ではトラブルに注意を払いましょうね。